記事一覧

期待値以外で打ちたくなる理由(前編)

みなさまごきげんよう。
今回は昨日実践ナシだったし、今ちょっとヒマなので何か雑記でも書こうかなという回です。

今はもう平打ちなんて怖くて基本的にやらなくなってしまった自分ですが(全くやらないとは言っていない)、
ちょっと前まではただの養分スロッターだったわけです。

養分時代を思い返してみると・・・何が楽しくて負けが込んでまでスロットを打っていたのか?
今となっては思い出すことすら困難ですw

もちろん一番は、マグレでも勝った時の喜びを脳に刷り込まれるいわゆる典型的なギャンブラー脳というか、
一歩間違えればギャンブル依存症と言っても過言ではない、その状況そのものが楽しかったんだとは思います。
幸いなことに(?)高給取りではなかったので負けが込んだら打てなくなるしで、依存症までは行きませんでしたが。

借金してまで打つ勇気が自分にはなかったんですよねw
もちろん借金してまでギャンブルはするものじゃない。それが正解なんですけどw

まぁそれは依存症うんぬんの話はスロットに限った話ではなく、
競馬とか他のギャンブル共通のことなので今は置いておくとします。

自分が人生で初めて触ったスロットは山佐のサイバードラゴンという機種でした(年齢がバレる)。
かれこれ10数年前のお話ですね。
当時は意味も分からず打ってたのを何となく覚えてます。
しかも特に爆発した思い出もないです・・・w
大学生だったので(だから年齢バレるぞ?)金もそんなになかったですし。
なのでその時点では特に入れ込むこともなく、すぐにパチ屋に行かなくなってしまいます。

そこからちょっとしてとある会社に入社することになるのですが・・・そこがギャンブラーのすくつだったのです!
初打ちから2年近く経ったでしょうか?
とある同僚から一緒に打ちに行かないか?という話を持ちかけられるのです。
そう言えば全然パチ屋なんか行ってなかったなーと思い、久々に行ってみるかーと付いていくことに。

で、その同僚が打ち始めたのが大都技研を一流メーカーの仲間入りするまでに押し上げたあの吉宗だったのです。
今の若いユーザーは知らない人もいるかも知れませんので一応説明すると、
BIG引いたら一撃711枚貰えて、それが1G連とかするからすぐに1400枚、2100枚とバカみたいなスピードで出玉が増える台です。
(大都技研は同じような仕様で先にシェイクを出していたのですがそれはあまりヒットせず・・・w)

まぁーその射幸性たるや目がチカチカするレベルでした。
秒で積まれていくドル箱、さっき補充したばかりなのにすぐに補充しなきゃいけない店員。
俺の知ってるスロットと何か違う・・・!w
そう思ってから自分もこの世界へハマり始めます。

が、しかし。
この吉宗、出玉性能はもちろん素晴らしいのですがもちろん飲まれるスピードも早いわけで。
天井も1920Gと、今からすると長すぎだろ!と思えるレベル。
・・・って言っても最近また天井深い台増えてきた気がするけどw
(ちなみに前述したシェイクはBIG後天井2895Gとかいうもうわけがわからないよレベル)

社会人となって金回りが少し良くなったとは言え、このハイリスクハイリターンにそんなに頻繁に耐えられるわけがないわけで。
どうにかならんものか・・・と考えて辿り着いたのがゾーン天井狙い、つまりハイエナだったのです(!?)。
その当時は期待値稼働なんて言葉はたぶん存在してなかったように記憶しています。

自分はこのハイエナをメインにしつつホールによく通うようになります。
ハイエナメインなので結果も上々。
しかし、この頃の自分は勝った分は平打ちしてもいいだろうという考えが強かったので勝ったり負けたりを繰り返してました。

そうやって通ううちに、勝ち負け以外の部分、演出だったり曲だったりにもハマっていくのです。
プレミア演出が見たいとか、BIGの曲が聞きたいとか。

そうなってくると今度、平打ちの回数がどんどん増えるわけです。
すると不思議なことに負け額が増えていくのです!w

ホールには初代北斗というモンスターマシンも登場し、ますます養分化が進む一方。
ここから数年は驚くほどの養分としてホールに貢いでいうことになります。
完全にホールの思うつぼですね・・・w

番長、秘宝伝などの大都の魅力的な機種にもどんどんつぎ込んでいく。
(別に大都の関係者ではありませんw ただ単に大都の台が好きだったのです)

もちろん大都以外の台も打ってました。
サラリーマン金太郎とか天下布武とか鬼浜とか鬼武者3とか液晶のある機種ばっかり打ってましたね。
今となってはコンチとかその辺も触っておきたかったなって思いますがw

しかし世の中が4号機という時代を終焉に向かわせるわけです。
そこで一旦(遅すぎるが)、冷静にスロットともう一度向き合うわけです。
あまりに金のかかる趣味だなこれ、とw

長くなったので続きはまた今度。
いつ書くかは決めてません。気が向いたら。
ほなまた!

┐(´-`)┌
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント